Skip to content →

自動車保険は運転者年齢条件が大きく左右する

自動車保険料は、実は保険に加入する人の年齢によって大きな差が出るのが一般的です。
なぜ年齢が若いことで保険料が跳ね上がってしまうのか、運転者年齢条件とはどのような内容なのか確認したいと思います。

自動車を運転するドライバーが誰であるのか、そのおもな人物が被保険者として保険の契約を交わすわけです。
実は、このドライバーを限定することで自動車の保険料が決まるとも言われているのです。
これはどの保険会社でも基本的なことですから、契約者の年齢が若いからといって、闇雲に保険会社を探しても見つけることが不可能です。

それでは「運転者年齢条件」とは、一体どのような内容なのでしょう。
保険契約の段階でおもに運転する被保険者の年齢が30歳以上であれば保険料が安くなります。
30歳以上50歳未満は運動神経も洞察力にも優れている年齢なので、世間一般から見ても事故を起こす確率が非常に低いのです。
逆に21歳以下など免許を取りたての、まだ運転技術に不安がある年齢層であればあるほど保険料が高くなるという仕組みです。

21歳と26歳の誕生日を迎えれば、条件が変更になるので保険料も見直しが入ります。
この保険内容では、運転中に発生した事故では「運転者限定特約」に該当する人でもその年齢に入っていなければ大きな事故を起こした場合でも、補償の対象となりませんので1円足りとも保険会社から支給されることがないのです。
自動車の保険というのは意外と細かいところで、様々な設定をすることで保険料を安くするための土台作りとしていると考えるべきなのでしょう。
このような仕組みがあることから、自分の車を簡単に知人に貸してはいけないということも覚えておくといいです。
被保険者と家族しか補償の対象とならない契約であれば、知人が事故を起こしても補償されることがありませんので注意してください。

自動車の保険料が年齢によって決まるというのがわかりました。
もしも自分の子供が運転したいというのであれば、まずは年齢の見直しをすることからはじめてみてください。
https://xn--u8j7eobcu5919bmmcuwdlv6n050a25b5x8a.net

Published in 保険

Comments are closed.